戻る
イギリスを拠点とする FFP 社がブランド企業向けの Fixed Colour Palette ガイドを公開
フレキシブルパッケージングの印刷加工企業が、「Pinning Technology for Clean Transfer」を採用した Asahi の樹脂版を使用し、優れた Fixed Colour Palette 印刷を実現
16 May 2017

2017年5月XX日東京(日本)およびブリュッセル(ベルギー)発 – フレキソ印刷用感光性樹脂版の開発で先駆的な企業である Asahi Photoproducts 社は、本日、FFP Packaging Solutions 社がブランド企業および小売店向けの Fixed Colour Palette ガイドを出版したことを報告しました。同社は、イギリスを拠点とする革新的企業で、フレキシブルパッケージの印刷加工分野で50年の実績を誇ります。このガイドを参照すれば、ブランド企業のマネージャーは、CMYK 4色のインキにより表現された、繰り返し再現が可能な特色を選択する事が可能です。このカラーブックは、透明な PET フィルムに裏刷りされ、白 PET フィルムにラミネート加工して作られました。印刷されたフィルムは、「Pinning Technology for Clean Transfer」を採用した Asahi の樹脂版を使用して FFP の W&H Miraflex 印刷機で製作されました。

「Asda や Tesco などのイギリスの大手小売店が Fixed Colour Palette (FCP) の品質を採用した事は、大変喜ばしいことです」と語るのは、FFP Packaging Solutions 社の印刷開発マネージャー Paul Hesketh 氏です。

「FCP のプロセスは、印刷パッケージングセクターで成長著しいトレンドのため、当社では正式な FCP 印刷会社としてブランド企業や小売店に認知されることに取り組んできました」

「小売店とブランド企業は、Fixed Colour Palette 印刷が廃棄物をバリューチェーンから取り除き、最終的にパッケージのコストパフォーマンスを高めることを目指した、Win-Win アプローチであるということを理解しています。当社の Fixed Colour Palette ガイドを参照すると、デザイナーは最終的な色を選択する際、ブランド企業の基準を保持しながら時間とコストの削減が可能になります。これらは、今日の競争の激しい市場で利益を上げるために欠かせない要素です」

Fixed Colour Palette 印刷はフレキソ印刷の未来

フレキシブルパッケージングの世界では、ブランド企業や小売店が様々な製品の中から30~50色のスポットカラーを使用することも珍しくありません。その結果、在庫量が多くなり物流業務が複雑化し、購買および管理スタッフがより多く必要となります。

ブランド企業の特色を表現するために Fixed Colour Palette 用の印刷インキ(CMYK)を用いる事で、印刷加工企業はインキの節約、洗浄回数の減少、立上げ時間の短縮などの大幅な効率化を実現できます。これにより、サプライチェーン全体のコストを削減し、品質を犠牲にすることなく市場投入までの時間を短縮できます。

「Pinning Technology for Clean Transfer」の詳細

「Pinning Technology for Clean Transfer」は、Asahi のフレキソ印刷用樹脂版の数多くに採用されており、より優れたインキ転移性(Clearn Transfer)を実現し、版表面や網点部のショルダーへのインキ蓄積を防ぎます。これにより、印刷版の洗浄回数が減り、印刷機停止回数が削減され、加えて大幅な品質向上を実現します。Asahi の樹脂版を用いると版の位置合わせ精度がより正確になるため、Fixed Colour Palette での超高品質プロセスカラー印刷を実現し、特色インキの使用及び管理は最小限に抑えられます。

「Pinning Technology for Clean Transfer」は軽印圧の印圧設定を可能にします。特別に開発された Asahi 独自の高分子化学技術により実現された版面の張力の低さを利用し、インキの流出を抑えます。インキは、接触角が大きく止め点が高い小球状になります。その結果、版から被印刷体へのインキ転移をより均質化できるため、フレキソ印刷会社はますます増大する顧客の品質要求を満たすことができるようになります。

「この価値あるガイドを FFP Packaging Solutions 社が製作するにあたり、Asahi Photoproducts 社が携わることができた事は非常に喜ばしい事です」と語ったのは、Asahi Photoproducts Europe 社テクニカルマーケティングマネージャーの Dieter Niederstadt です。「イギリスで Fixed Colour Palette 印刷の人気が高まり、ブランド企業や小売店、印刷加工企業がそれぞれ効率化向上による恩恵を受けているのは明るい話題です。当社では、このガイドがイギリスとヨーロッパ全土における Fixed Colour Palette 印刷の更なる採用に拍車をかけ、FCP を採用する適切なタイミングに関して、ステークホルダーの判断を容易にすると信じています。FFP 社の経験は、「Pinning Technology with Clean Transfer」を特長とする Asahi のフレキソ印刷用樹脂版を使用している他の当社顧客の経験とあいまって、Fixed Colour Palette 印刷の時代が到来したことを明確に示しており、フレキソ印刷における効率性と利益性を一段階上のレベルに上げるものです」

Fixed Colour Palette 印刷、「Pinning Technology for Clean Transfer」、および Asahi Photoproducts Europe 社が誇るその他のフレキソ印刷ソリューションの詳細は、www.asahi-photoproducts.com をご覧ください。

--ENDS--

画像キャプション

FCP_Asda: Asda Initiative 社の Fixed Colour Palette ロゴ。

FCP_book: FFP 社がブランド企業と小売店の顧客向けにカラーブックを製作しました。

Sleeve_change: FFP 社の印刷機で Asahi フレキソ印刷用樹脂版を入れ替える作業には、わずか数分しかかからず、印刷機停止回数を削減できます。

Paul_Hesketh: Paul Hesketh 氏は、イギリスの小売店から FCP 印刷の需要が高まっていると感じています。

FFP Packaging Solutions について

FFP Packaging Solutions 社は、フレキシブルパッケージングの専門企業で、革新的な製品やサービスの開発に力を注いでいます。同社の特長は以下のとおりです。

• Esterpeel:C-PET、A-PET、rPET、PS、PP、HDPE、PET ラインボード、PVC、板紙、アルミホイルのトレイに入った調理済みの食品用の特殊蓋材フィルム

• Estercook:オーブンや電子レンジに入れてパックの食品を加熱調理するのに適した耐熱パッケージング

• パートナーシップ:製品発売プロセスとサプライブループリントの継続を保証するため、プロジェクトマネジメントに対して厳格なアプローチを実施し、社内/社外のステークホルダーのあらゆる努力を調整

Asahi Photoproducts について

Asahi Photoproducts 社は、旭化成株式会社の子会社として1971年に設立され、ベルギーにヨーロッパ本社を構えます。フレキソ印刷用感光性樹脂版の開発ではトップクラスの先進企業に数えられています。高品質なフレキソ印刷ソリューションを開発し、イノベーションを継続すると共に、Asahi Photoproducts 社は環境に配慮した印刷の未来を推進することを目標に掲げています。
連絡先:info@asahi-photoproducts.com
Thank you for downloading!
x
Download