戻る
Case Study
Cartotecnica Postumia、受賞歴のある業界最高の Asahi DSF™印刷版による品質、生産性を向上

50年を超える歴史において、Asahiフレキ ソ印刷版を25年以上使用

2017年10月、Cartotecnica Postumiaは、50周年を迎えまし た。同社は、カルミニャーノ・ディ・ブレンタ(イタリ ア、パドヴァ県)に位置し、1967年、Ettore Gavaによって 設立され、現在も、Gavaの家族により、所有・経営され ています。Cartotecnica Postumiaの初期の目標は、紙袋市場 と同社が生産するパン用紙袋のニーズを満たすことで した。その後、同社の製品は拡大し、食品産業用四角底(SOS)バッグ、カスタムショッピングバッグおよび自パッケージング機械に使用される印刷済みペーパーロール が含まれるようになりました。Cartotecnica Postumiaには、120人の社員がおり、年商2,000万ユーロで、製品の 50% を世界各地に輸出しています。同社は、Garantおよび New Longからの3台のCI Uteco印刷機と13台の紙工機械を 運用しています。その設備は、19,000 m²の土地に建てら れた9,500 m²の建物に配置され、1日当たり、100万以上の バッグを生産しています。

背景

創業以来、Cartotecnica Postumiaは、品質に重点を置いており、市場セグメントで はヨーロッパで最高品質の印刷会社の1つとして認識されています。同社の印刷 の95%は紙を対象としており、そのうち60%は、砂糖、米、木炭、ペットフード などの包装の工業用包装です。残りの40%は、高品質のショッピングバッグで構 成されています。25年前、Cartotecnica Postumiaは、同社の清刷会社であるThema Studioの助言に基づきAsahiフレキソ印刷版を選択し、Asahi AFP™-HF印刷版を採用 しました。長年にわたって、同社は、フレキソ印刷版の進歩に追随し続け、Asahi の印刷版が品質を達成するため Asahiを利用してきました。

成功への鍵となる品質と耐磨耗性

代表取締役であるPierluigi Gavaは、次のように報告してい ます。「当社は、さまざまな紙の基材に印刷するので、 印刷版の耐摩耗性が重要です。耐摩耗性が低いと、印 刷版がすぐに摩耗して品質が低下してしまいます。当 社は、この分野におけるAsahiの継続的な技術革新とと もに印刷版に関する戦略をアップグレードしてきまし た。Asahiは、当社にとって素晴らしいパートナーであ り、いつでも必要なときに支援してくれます。製品開 発に関するフィードバックに対しても非常にオープン です。」


最近、Cartotecnica Postumiaは、印刷品質を新たな品質レ ベルまで高めたAsahi AFP™-DSFデジタル中硬度樹脂版に切 り替えました。それは優れたインク転送を組み合わせた良 好なハイライト用の摩耗性基材での使用を目的にしていま す。ベタのインキ濃度とハイライト部のバランスが最適化 されており、中間調のドットゲインを抑えながら最高印刷 速度でも良好なハイライト品質を実現し、極めて優れたイ ンキ転移性を実現します。特に適しているのはCartotecnica Postumiaが独占的に使用する水性インキによるフィルムや 紙用途へのフレキシブルパッケージ印刷です。

Gavaは、次のように説明します:「当社の近隣の清刷会 社であるThema Studioにより、高速な印刷版の作成が可能 になり、毎日2回納品されます。優れたAsahiの版技術と 共に当社とThema Studioの間の素晴らしい情報のやりと りが、当社の成功の秘密です。Thema Studioは他の版を 実際にテストしてはいるものの、これらはAsahiの版ほど の性能を発揮できず、実行中、清掃するためにプレス機 を停止させる必要が生じたり、品質上の問題を露呈した りしていると話しています。当社は彼らの助言を信頼し ます。」

Looking ahead(先を見通す)

Cartotecnica PostumiaとThema Studioは、Asahiの印刷版の開発状況を見守っています。「当社は、特に、AsahiのClean Transfer Technologyに興味がり、一部の印刷版で利用可能です」と、Gavaは述べています。「当社は、その能力を、当社が行っ ている種類の印刷用に設計されたAFP™-DSFのような印刷版に移行するときに、将来的にClean Transfer Technologyを活用す ることを楽しみにしています。これは、品質とリーン生産方式に対する当社の全体的な取り組みとまったく同じです。」

Cartotecnica Postumiaは、1997年にイタリアでISO-9001認証を取得した最初の紙関連企業の1社でした。その他の認証には、 包装および梱包材に対す BRC/IOPグローバルスタンダード認証(2006年)、責任ある森林管理のためのFSCおよびPEFC 認証(2011年)が含まれます。2013年以来、同社は、リーン生産方式に注力しており、2015年から2016年の期間に、新 しいフレキソ印刷機と3台の新しい製袋機を含む重要なインフラ投資を行っています。目標は、2020年までにすべての企 業プロセスをリーン生産方式に変換することです。

数々の賞に輝く業績

Asahiの版が同社が実現するのを支援した品質が評価され、2018年5月、Cartotecnica Postumiaは、FTA欧州ダイヤモンド賞の第2版でFTA欧州により、紙 とラベル上の狭い織物のフレキソ印刷の業績に対し、第1位のダイヤモンド賞 が授与されました。Cartotecnica Postumiaの記事は、7色プラスUVグロス ニス 上塗り付きの水性艶消しワニスで印刷されました。「Asahi AFP™-DSF版を使用 して実現させたこの品質がなかったら、この受賞エントリーを作ることはでき なかったかもしれません」とGavaは付け加えました。「Asahi AFP™-DSFは摩耗 性のクラフト紙からコーティングしたライナーに至るまでの基材上での高品質 紙印刷の市場にとって最高の版です。」

連絡先:info@asahi-photoproducts.com
Thank you for downloading!
x
Download