戻る
フレキソ印刷産業に対する多大なる貢献により、欧州フレキソ印刷技術協会を表彰
22 Apr 2018

2018年4月23日東京(日本)及びブリュッセル(ベルギー)発 – Asahi Photoproducts社は、フレキソ印刷産業に対する多大なる貢献により、欧州を統括する営業取締役のDr. David Galtonが、欧州フレキソ印刷技術協会(EFIA)から表彰されたことを発表します。この特別功労賞は、EFIAが表彰する最高の栄誉です。

David Galton氏は、30年以上にわたり印刷産業にて重要な役割を担ってきました。ロンドン印刷学校で印刷産業への関わりをスタートさせ、リーズ大学でPhDを取得しました。以来、Galtonは研究と執筆に余念がなく、数々の技術論文や記事を著してきました。2009年から2015年には、5年間にわたりEFIAの会長も務めました。彼のキャリアはIlford Films社でR&D部門に勤めたところから始まりました。その後、80年代初頭にPolychrome社に移ってリソ版技術に携わり、1985年にAsahi Chemical社のフレキソ印刷部門に移りました。結果的に、Asahi Photoproducts社には30年以上勤務したことになります。

EFIAのCEOを務めるDebbie Waldron-Hoines氏は、次のように評しました。「David Galton氏のEFIAへの貢献は過小評価できません。骨身を惜しまず働き、当組織とその目的の強化に尽力し、理事会の中でも一目置かれる存在となっています。EFIAの会長を務めた5年間には、組織の知名度アップに力を注ぎました。幅広い技術的知識、商慣習への理解、行き届いた心配りから、EFIAに加盟しその情報とサポート提供を利用しているフレキソ印刷企業やサプライヤーの多くから尊敬を集めています」

EFIA Awards 2018は、3月14日水曜日にバーミンガム(イギリス)のThe Vox Centreで開催されました。受賞スピーチで、Galton氏は知事会メンバーの一人ひとりに感謝の言葉を贈りました。「このような特別な賞をいただき恐悦至極でございます。EFIAは世の中に変化を起こす事が出来る組織です。フレキソ印刷業界を代表する活気ある組織ですが、その運営は小規模な有志(ボランティア)によって行われています。彼らの協力なくして、業界は優れた技術を「披露」し、擁護する基盤を得ることはなかったでしょう。若い人材の育成も常に活発に行われています。運営は安定しており、未来も明るいと確信しています」

Asahi Photoproducts社のDieter Niederstadt氏は、次のように祝辞を贈りました。「光栄にも、Davidからは16年にもわたり知識を得る事が出来ました。自らの仕事に熱意と情熱を注ぎ、そうした姿勢が組織に広がりました。深遠な知識を有し、業界を熟知する得がたい人物です。彼は常に一歩先まで考え行動し、共に仕事をした一人ひとりを励ますとともに、協力を惜しみません。Ashai社では、全社を挙げてDavidの栄えある受賞に賛辞を贈ります」

--終わり--


Asahi Photoproducts社について

Asahi Photoproducts社は、旭化成株式会社の子会社として1971年に設立され、ベルギーにヨーロッパ本社を置いています。フレキソ印刷用感光性樹脂版の開発ではトップクラスの先進企業に数えられています。高品質なフレキソ印刷技術を開発し、イノベーションを継続すると共に、Asahi Photoproducts社は環境に配慮した印刷を推進することを目標に掲げています。

連絡先:info@asahi-photoproducts.com
x
Download
x
Video