戻る
Gateway Packaging社が、Asahi Photoproducts社のAWP ™水現像フレキソ版を採用、総合設備効率(OEE)を53%向上。
AWP™水現像フレキソ樹脂版の特徴であるClean Transfer技術により、品質と生産性が向上しました。
14 Dec 2017

2017年12月15日東京(日本)及びブリュッセル(ベルギー)発フレキソ印刷用感光性樹脂版の開発で先駆的な企業である Asahi Photoproducts社は、テネシー州に拠点をおくGateway Packaging社が最新の製版プロセスの徹底的なベンチマークプロセスを行った結果、Asahi Photoproducts社とその北米代理店CTGA社との提携を決定したことを発表しました。Gateway Packaging社は、米国とカナダに3つの製造拠点を所有し、現地の消費者向けの様々なパッケージや、食品、農業、化学、及び木炭産業向けの産業用パッケージを製造しています。

最先端で且つハイエンドの印刷会社/パッケージングコンバーター、またペットフードのパッケージ供給では北米最大であるGateway Packaging社は、お客様のために品質改善と問題解決能力の向上を継続的に探究しています。Clean Transfer技術が用いられたAsahi Photoproducts社のAWP™水現像フレキソ印刷用樹脂版に切り替えることで、同社は継続的な改善に向け一歩前進しました。Gateway Packaging社はまた、製版プロセス改善の一環として、Asahi Photoproducts 社のAWP 1116 PD洗浄機を導入しました。

プリプレスマネージャーのTharrin Akers氏は「市場で入手可能な様々なフレキソ印刷用樹脂版と製版方式を用い、我々の投資判断が最善の選択肢となるよう徹底した評価及び選定を行いたいと考えていました」と述べています。「その点を念頭におき、我々は最先端企業の方式をベンチマークし、最終的にAsahi Photoproducts社を含む2社を選出しました。最終テストでは、当社が採用していたプロセスとの生産効率を比較するため、CTGA社が提供したAWP™版を使用し何度もテストを行い、Asahi Photoproducts社のソリューションを使用することに決定しました。、また、その結果には非常に満足しています。」

最終の生産テストは、長さ675,000フィート(205,200m)の151g/m2のコート紙(白)及び溶剤インクを用いてF&K 20sixフレキソ印刷機で実施しました。印刷速度は毎分1,400フィート(427m /分)でした。比較対象であった樹脂版を用いたテストでは、合計生産時間が11時間、樹脂版の洗浄時間が177分、2.5ロール毎に32分かけて版洗浄を行う必要がありました。

Akers氏は、「Asahi Photoproducts社のAWP™水現像樹脂版では、印刷速度が毎分1,640フィート(500 m /分)となりスピードは17%アップし、樹脂版を洗浄するための印刷機停止はたった1回で済みました。更に、印刷終了後も含めた2度の樹脂版洗浄時間はたったの20分でした。その結果、総生産時間は432分(7.2時間)、総合設備効率(OEE)は53%向上しました。」

これらのテストの結果、Gateway Packaging社は新設した製版部門に大幅な投資を行い、Asahi Photoproducts社のAWP™水現像フレキソ用樹脂版に加え、Kongsberg社のカッティングテーブル、Glunz&Jensen社の Concept 401 ECLF 露光器、及びAsahi Photoproducts社のAWP™ 1116 PD 洗浄機を追加することにしました。Gateway Packaging 社は、生産性と品質の向上を見込み、この大幅な投資に対して投資回収期間を10ヶ月と見積もっています。

Asahi Photoproducts社のClean Transfer技術を採用したAWP™版を用いると、キスタッチでの印圧設定が可能となります。これはAsahi Photoproducts社独自のポリマー技術による、液体の流れを抑制できる表面張力の低い樹脂版を用いているからです。インキは接触角が大きく止め点が高い小球状になります。これによりフレキソ印刷会社は、よりクリーンで均質なインクを樹脂版から被印刷体へ転移する事が出来るため、日増しに高まるお客様の高い要求を満たすことが可能となります。また、正確なレジストレーション(位置合わせ)、樹脂版洗浄や交換のための停止時間を軽減し、総合設備効率(OEE)の向上も可能です。

Asahi Photoproducts Europe社のClean Transfer技術及びその他の製品については、www.asahi-photoproducts.comをご覧ください。

--終わり--


Asahi Photoproducts社について

Asahi Photoproducts社は、旭化成株式会社の子会社として1971年に設立され、ヨーロッパ本社をベルギーに構えます。フレキソ印刷用感光性樹脂版の開発ではトップクラスの先進企業に数えられています。高品質なフレキソ印刷ソリューションを開発し、イノベーションを継続すると共に、Asahi Photoproducts社は環境に配慮した印刷を推進することを目標に掲げています。

連絡先:info@asahi-photoproducts.com
x
Download
x
Video