戻る
Sigma Labels社がUAEで初めて旭化成のAWP CleanPrint水現像フレキソ版を採用
04 Jun 2021

品質と生産性がすぐに改善   印刷機を導入して最初の1か月で製版能力が26%向上

2021年5月11日東京(日本)及びブリュッセル(ベルギー)発: フレキソ印刷用感光性樹脂版のパイオニアであるAsahi Photoproducts(以下Asahi)は、本日、中東湾岸地域屈指の粘着ラベルメーカーであるSigma Labels社が、同地域で初めて旭化成のCleanPrint AWPTM水現像フレキソ版を採用したとことを発表しました。同(中東湾岸)地域でAsahiの製品を卸しているIndustrial Tools & Media (iTM)の協力の下、Sigma社は旭化成の水現像版AWPTM用の新しい洗浄装置AWP™-2530 AAを記録的な速さで導入することができました。期待された結果はすぐに表れ、iTMおよび旭化成を信頼し、この装置導入の投資の判断が正しかったことが証明されました。

「このシステムを導入する前、当社は溶剤製版を外部委託していました」と語るのは、Sigma社オーナーのJagannath Wagle氏です。「外部委託の場合、版が届くまで少なくとも10~12時間かかり、印刷ジョブの最中に版が破損した場合、必要な樹脂版の交換にはさらに1日待たなければなりませんでした。それほど時間をかけても、当社のBOBST M5 440 mmおよび2台のBOBST Mx370 mmフレキソ印刷機が稼働していたのは月間平均750ジョブでした。ところが、旭化成の水現像版AWPTMを導入すると、初月から950ジョブが可能になりました。そのときの当社の喜びぶりを想像してみてください。印刷機を増設することなく、より多くの仕事をこなせるようになったのです。」

際立った品質と一貫性

Wagle氏によれば、この対応可能なジョブ数の増加は、わずか1時間で製版を実現することが出来るAWPTMの特性により可能になったと言います。また、旭化成の樹脂版の正確な版精度により、Sigma社では最初のジョブの立ち上げの時でさえ、最小限の廃棄物量で迅速に着色できるようになりました。フレキソ印刷機では一般的にバウンシングがとても頻繁に発生します。「AWPTM水現像フレキソ樹脂版を導入してからは、バウンシング問題がほぼ完全に解消され、際立った品質と一貫性を得られています。」と、Wagle氏は付け加えました。「これまで溶剤現像タイプの樹脂版では、3%~5%のドットを維持できれば御の字でした。今では1%のドットを一貫して維持できるので、可能な限り最高の品質を実現しています。」

装置導入作業は極めて簡単

iTM社のマネージングディレクターのImad Shaban氏によれば、溶剤版用装置の設置が複雑であることを理由に、Wagle氏は工場内に製版装置を導入することを少しためらっていたそうです。ところが、Asahiが中東湾岸地域でAWPTMの販売を開始すると、すぐにiTMはWagle氏にコンタクトし、数回のテストジョブを実施したところ、Wagle氏はAWPTMのメリットをその場で理解しました。アラブ首長国連邦では、2月初旬には全国民のコロナウイルスのワクチン接種が完了していたため、Asahiからリモートサポートを受けつつ、簡単に現場での設置を行うことができました。Sigma社のスタッフはとても飲み込みが早く、すぐにすべての情報を吸収し、私たちの予想をはるかに超える記録的な速さで装置を稼働させることが出来ました。私たちは、願ってもないほどの良いクライアントに出会うことができ、旭化成は常に良きパートナーであり続けてくれました。エンジニアとして、私たちは新しい技術を常に歓迎しています。しかしそれよりも重要なのは、CleanPrint技術のおかげで、大幅なコスト削減、生産性と品質の向上を実証できたため、Sigma社の投資決定が以前よりもスムーズに行えたということです。

フレキソ印刷の競争上優位となるメリットを増大

Wagle氏とShaban氏は口を揃えて、旭化成のCleanPrint技術並びにAWPTM水現像フレキソ樹脂版の重要なメリットは、デジタルラベル印刷に関して競争上有利な位置を確保できることであると指摘しました。「1日に対応できるジョブ数が30件(1か月で950件)、そしてわずか3時間ほどで版を納品できると、デジタル印刷に対してフレキソ印刷は極めて高い競争力を持ちます。」と、Wagle氏は語ります。「さらに、従来の溶剤製版では実現が難しい高い印刷効率を実現できるようになり、品質面ではお客様の期待に沿った際立った品質を短納期で届けることが可能になりました。当社の投資が間違いではなかったことに満足しており、将来に可能性を感じています。」

Sigma Labels社の詳細については、www.sigmalabels.comをご覧ください。iTMに関する詳細は、info@itm.ae宛に電子メールを送信してください。 環境に優しい旭化成のフレキソ印刷版ソリューションの詳細については、www.asahi-photoproducts.comをご参照ください。

連絡先:info@asahi-photoproducts.com
x
Download
x
Video